アミノ酸となり吸収される

女性

たるみや髪質の改善効果

コラーゲンは肌の保湿に欠かせない成分として知られており、コラーゲン配合の基礎化粧品だけでなく、コラーゲンドリンクで体内に摂取するという美容法も定着しています。しかし、コラーゲンドリンクに配合されているコラーゲンがそのまま体内に吸収されるわけではありません。では、コラーゲンドリンク内のコラーゲンが体内に吸収される仕組みはどのようになっているのかというと、まずは分解されてアミノ酸になります。その後、そのアミノ酸が血液によって体全体に運ばれて各所に吸収され、コラーゲンの生成を行なうのです。そのため、飲んだコラーゲンがそのまま吸収されるのではなく、正確に言うとコラーゲンの生成力をアップさせることになります。しかし、最近の研究において、コラーゲンの状態のままでも体内に吸収されることが分かってきています。そのため、より吸収力を高めるためにコラーゲンが低分子化されているコラーゲンドリンクを選ぶのが賢明でしょう。では、吸収されたコラーゲンがどのような効果を発揮するのかというと、肌のたるみを改善したり、髪をつややかにしたり、爪を強くしたりなどの作用が実感できます。そのほか、肌の再生力が高まるため傷が治りやすくなったり、骨が強くなり関節痛も緩和できたりするなど、美容だけでなく健康効果も実感できます。ただ、糖質や脂質を過剰に摂取したり、紫外線を浴びるとせっかくのコラーゲンの効果も半減してしまうので気をつけましょう。